空いてるし、青紅葉の綺麗なところでブラっとしたい人には、かなりオススメ。

北野天満宮の青もみじ写真画像

だいたいの人は、この橋を絡めて写真を撮りますね。


北野天満宮の青もみじ写真画像6

北野天満宮の青もみじ写真画像2

ゴールデンウィークにもかかわらず空いてるので、誰も人が写ってない写真も簡単に撮れます。


北野天満宮の青もみじ写真画像3

とにかく緑に囲まれて、わーい!って感じです。


北野天満宮の青もみじ写真画像7

僕が毎回撮っている好きな構図。

ゴールドニャーゴ

駐車場もガラガラだし、おすすめの穴場スポットだぜ

2018年は4月14日(土)~6月30日(土)に開催

入苑料

  • 大人(中学生以上) 500円
  • 小人(小学生以下) 250円
  • 修学旅行生 250円

入苑時間

  • 9時~16時

期間限定ネタ

4月27日(金)~5月6日(日)

第30回春期京都非公開文化財特別展期間として、宝物殿入館とセットで入苑料大人800円 中高生400円となります。(単体でのチケットはございません。)

5月23日(水)~31日(木)

青もみじ苑拝観券のご提示で、能面展(文道会館内)もご覧頂けます。

北野天満宮 公式サイトより

梅や紅葉の季節に行くと、梅茶とお茶菓子が入苑料に込みでついてくるのですが、
青もみじの時はありません。

屋台の様子

北野天満宮の青もみじの時の屋台

あまり人気のないイベントなので、屋台もやる気なし。

北野天満宮の青もみじ まとめ

京都の北方の山間部にいけば、青紅葉の綺麗なところは沢山ありますが、なにせ交通の便が悪いし時間もかかります。

対して、街中でこれだけの青もみじが見れる北野天満宮は貴重。
駐車場もガラガラなのでお手軽に行けます。